ローコストの自社倉庫 栃木市尻内町

費用を抑えつつ 使い勝手の良い倉庫を

この度、重機等の設備増加に伴い、既存資材置き場が手狭になってきたため、自社倉庫を建築致しました。

奥行:8.19m
間口:14.56m

高さは4mの資材が縦に保管できるようになっております。

自社倉庫ですので、可能な限りコストを抑えた仕様になっております。

コストを抑える為に木造にしておりますが、
鉄骨にすることで内部の柱を減らすことも可能です。

工程

砕石敷き詰め

今回は田んぼを農地転用して、倉庫を建築致します。

序盤は2tダンプで小運搬し、
乗り入れられるようになったら大型ダンプで一気に砕石を入れていきます。

ユンボでならしてから、締め固める作業を何度か行います。

基礎工事に入る前に、いつもお願いしている川連天満宮さまに地鎮祭を行って頂きました。

基礎工事

地鎮祭が無事終了したら、本格的に着工していきます。

まずは基礎の打設を行います。

5月頃の基礎工事でしたが、暑い日が続いていました。

暑いとコンクリートが早く乾いてしまい、クラック等の原因になってしまうので、急いで作業を行っていきます。

今回は基礎がそのまま倉庫の床仕上がりになりますので、できる限りキレイに仕上げて頂きます。

木工事

基礎の型枠が外れたら、木工事を行っていきます。

3人工×3日間ですべて終わらせていきます。

内部はあとで資材を入れながら、状況に合わせて棚を作っていきます。

柱は増えますが、棚等の造作が簡単にできるのも、木造の倉庫のメリットのひとつです。

板金工事

木工事が完了するころに、屋根を掛けていきます。

屋根もコスト削減の為に、母屋部分に直接ルーフデッキを乗せていきます。

屋根が終わったら、外壁と破風を取り付けて完成となります。

完成写真


今回は倉庫ということで、「ローコストで使い勝手の良い倉庫」をコンセプトに建築いたしました。

シャッターは4箇所ですが、頻繁に出入りする1箇所だけ電動にしてあります。

リモコン式ですので、車から降りずにシャッターを開け、そのまま車を中に入れられますので、雨の日でも出入りが快適です!


内部も4mモノの資材が楽に取り回しできるようにしております。

木造なので柱は多いですが、その分各所にコンセントを用意することができ、

構造体をむき出しのままにしておりますので、移設や増設も簡単に行うことができます。

業務上木材の保管が多く、日焼けすると困るので窓は最低限としました。


最近のトレンドとして、金属サイディングではブラックやネイビーが流行っていますが、

せっかくの自社倉庫ですので、普段余り使われないグリーンを採用してみました。

差し色で破風を赤色にし、サイディングを1枚だけシルバーにすることでラインを入れてみました。

勝手口ドアが、リーズナブルなフラッシュドアの為、
色が選べず浮いてしまったので、後日塗装かシートを貼りたいと思います。

また、大通りからよく見える立地になっているので、破風の内側に軒樋を仕込むことで、外観をすっきりとさせています。

工事詳細

【工事金額】
ご希望の方はお問い合わせください。


【工事日数】
2ヶ月程度

お見積りについて

現地調査、お見積りはすべて無料で承っております。

用途に応じて最適なプランをご提案させて頂きますので、
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

土地をお持ちで無い方も、用地仕入れからお手伝いさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。HPを見たとお伝えいただけると特典があります。0282-44-0304受付時間 9:00-18:00 [ 水・日・除く ]

メールでお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。HPを見たとお伝えいただけると特典があります。0282-44-0304受付時間 9:00-18:00 [ 水・日・除く ]

メールでお問い合わせ